川口市議会議員

 あしだ 芳枝


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 

ごあいさつ

〜 一人の声から未来を拓く 心のかよう街づくり 〜

急速に発展する少子高齢化の中で一人ひとりの声を大切に、教育・福祉・環境等
川口発展の為、全力で働いて参ります。
何卒、皆様の絶大なる、力強いご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

あしだ芳枝 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

 

  昭和31年 川口生まれ 川口育ち
  昭和44年 十二月田小学校 卒業
    昭和47年 十二月田中学校 卒業
    昭和50年 市立川口高校   卒業
  明治安田生命に勤務
  安行中学校 元PTA会長
  家族 夫、一男、一女
  趣味 テニス
  座右の銘 行動が未来を拓く

    政 策

 

子ども医療費 無料化を中学3年生まで拡大 いじめ、不登校問題への対策
災害対策(地震 ・水害等)の強化の推進 小学校放課後の居場所づくりの充実
川口市に火葬場・ドッグランを早期実現 学校施設の設備の充実、保育所待機児童の解消
議会改革の推進 高齢者介護予防
安心、安全な街づくり <防犯、防災対策の強化 / 水害対策、下水道整備の推進>

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2018年4月1日
一般質問に登壇 <前編>
平成29年3月市議会定例会にて一般質問に登壇しました。
主な質問内容は、「本庁舎内に保育ルームを」 「保育人材確保の支援について」 「産後健診費用の助成について」 「不妊治療助成制度について」 「いじめ予防授業について」 「通級指導教室に通う保護者向けの支援教育セミナーについて」 「前野宿川公園の整備について」 「ボール遊びができる公園を」 「安行霊園管理棟のトイレ改修及び駐車場に外灯設置を」 「地域問題について」です。
これらの質問の一部を抜粋し、2回に分けて掲載します。
内容と市の答弁 No,1
本庁舎内に保育ルームを

質問

お子さん連れの来庁者が安心して各種届出や手続き、相談が出来る様に一時預かり保育ルームを設置できないか

答弁

市民窓口の集約を行う2 期棟におきまして必要性や運用面での対応等を含め、一時預かり保育ルームの設置について引き続き関係部局と研究する
保育人材確保の支援について

質問

保育の受け皿拡大に必要な人材を確保するには処遇改善が必要。本市が独自に行う保育士に対する補助金について

答弁

保育士不足の一助となり、保育士の確保に繋がるべく、本市単独での効果的な賃金補助の実施に向け準備を進めている
産後健診費用の助成について

質問

出産後の母親の体調や授乳状況などを確認する事で産後うつを予防できると考える。産後健診費用の助成ができないか

市長
答弁

すべての母親が健康で安心して育児ができる、まちを目指して産後健診の費用助成をするべく鋭意検討する
不妊治療助成制度について

質問

本市独自の不妊治療の助成制度内容について

市長
答弁

早期不妊治療助成事業の実施、更には、本市独自の上乗せ助成額を1回当たり3 万円程度とし、40 歳未満の方の場合では、最大18 万円程度とする方向で平成30 年度予算案に盛り込む
いじめ予防授業について
質問 いじめから子どもを守る委員長の弁護士にご協力頂き、いじめの未然防止授業に取り組めないか
答弁 校長を対象に講演をして頂いたので、今後は、児童生徒を対象にした、いじめ予防授業を検討する


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2011 Ashida Yoshie. All Rights Reserved.